Masao's Blog ~ BIZARRE ADVENTURE ~

レイディーバグという会社を経営している平世将夫の「奇妙な冒険」Blog

失意泰然、得意冷然

せっかくなので任天堂ネタを続けようと思います。

 

昨今ゲームのスマホシフトの波に乗り切れず、苦戦が続いているように見える任天堂ですが、この記事( http://diamond.jp/articles/print/31082 )にある岩田社長の考え方、好きです。「信念」が伝わってきます。

 

昔楽しんだゲームの最新作を、親になっても安心して子どもに与えてもらえる、そんなビジネスがしたい―岩田 聡・任天堂社長インタビュー

私はね、自分が子どものときに遊んで面白かったゲームの最新作を、親になったときに安心して子どもにやらせてもらえるようなビジネスがしたいんですよ。例えばマリオで育った世代の方が親になり、お子さんと一緒にマリオを遊んでくれるというようなことですね。それは任天堂が社会に信頼してもらっていることの証明ですから、そういうビジネスをしたいんです。

 

岩田社長は、有名な「ゲーム人口拡大戦略」を打ち出し、Wiiを中心に「家族から嫌われないゲーム機」から「家族全員に関係のあるゲーム機」へと昇華させる仕掛けをつくり、次世代のゲーム体験を実現しています。

 

記事に書かれている通り、短期的な利益ではなく、中期的な利益でみれば必ずこうあるべき、という「信念」に基づいてぶれずに経営されているのだと思います。

 

まさに、山内溥さんの座右の銘

「失意泰然、得意冷然」

120年以上の歴史を持ち、何度も大きな荒波を乗り越えてきた企業の持つすごさだなぁと思います。

 

世界規模で大きな変革が起きているときこそ、信念に基づき行動できる、そんな企業でありたいものです。