読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masao's Blog ~ BIZARRE ADVENTURE ~

レイディーバグという会社を経営している平世将夫の「奇妙な冒険」Blog

利き手

みなさんの利き手はどちらになりますか?

 

私は、必要な作業によって異なります。

モノを書くとき、モノを投げるとき、箸を持つときは右。

消しゴムを使うとき、蹴るとき、殴るとき(殴りませんが)

片手で刀を持つとき(持つ機会もないですが)は左。

 

元々が「左利き」で、小学校にあがる前に強制的に右手

で書く練習をしたため、このようになっています。

どうも習字は右利きのほうがよい、という話を聞いた親

がそうさせたようですが、習字を教わることがないまま

不惑の歳を迎えようとしております。

 

ですので、一時期「両利き」で、右利き用・左利き用の

グローブをそれぞれ1つずつ持っていました。

どちらの手でもボールを投げられたため、逆に困惑して

いたのを今でも覚えております。

 

前置きが長くなりましたが、子どもを両利きにしようと

されていた方がいたので、果たしてそれは効果的な教育

なのかな?と思って自分を振り返ってみました。

 

3歳までの教育で両利きに!ということを、

ソニー創業者の井深大さんがおっしゃっていたようなの

ですが、本当かどうかは分かりません。

確かに、井深大さんは後年、幼児教育に熱心でこんな

団体も設立しております。

http://www.sony-ef.or.jp/eda/welcome/ibuka_msg/

 

※あと、後年、本気で超能力を研究していたことも有名です。

さすが、常識に囚われず世界のソニーを作った方です!

 

 

結局、どうなんでしょうね。

私は3歳までではなく、5歳くらいに強制的に利き手を

変えようとしたので、微妙なかたちで両手使いになって

しまいました。

それによるメリットも、デメリットも正直全くありません。

 

一時期「両利き」だった自分としては、むしろ両利きは

迷いがでやすいので、子どもにとっては迷惑この上ない

のではないでしょうか?

一見クリエイティブっぽくみえますがね。

大人の都合な気もします。

 

何となく最近幼児教育に興味を持ちはじめているので、

もう少しこのあたり色々と調べてみたいと思います。