読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masao's Blog ~ BIZARRE ADVENTURE ~

レイディーバグという会社を経営している平世将夫の「奇妙な冒険」Blog

ネーミング

「ネーミング」

とっても大事です。

 

サービスの名前

商品の名前

プロジェクトの名前

会社の名前

・・・

 

これらにおいて、そのネーミングがバシっと決まれば、

それだけで半分は成功したようなものです。

...いや、言い過ぎですね。

でも、それくらい大事です。

 

そう。ありとあらゆる「名前」をどうするか

本当に悩みます。

社名を考えたとき、私は100個以上考えました。

 

いまもちょうど、新しいサービスの名前について、

社内のみんなで検討しているところです。

ここも妥協せず決めていきたい。

 

 

そしてここ数日、はじめて人の名前について考えています。

子どもの名前。

それはその子が死ぬまで、一生ついてまわるものだけに、

これは安易に決めちゃいけんなぁ...と最近ようやく

まじめに検討しはじめたところです。

 

みんなどうやって考えるんだろう?

 

私は、

・自分が好きな漢字

・こうあってほしいな、という想いを表現した漢字

・音(声にだしたときの音)

・アルファベットにした時のバランス

から考えてみています。

 

社名やサービス名を考えるとき、

その名前で

どんな風に世の中にかかわっていくのか、

どんな風に成長していくのか、

そんな未来のことを、結構具体的に想像、妄想します。

この妄想がとっても楽しく、ワクワクするような名前

だとだいたいOK!

 

人の名前ということもあり、

より具体的な妄想が脳内で繰り広げられています。

その子の将来に想いをはせ、

勝手に色々なシチュエーションの絵が浮かび、

名前の呼ばれ方、書かれ方、あだ名のつけられ方

なんてところまで妄想してしまいます。

 

人の数だけ、その名前をつけた親の想いがあるんだなぁ

とふと思いました。

名前を決めた瞬間、

はじめて名前を呼んだ瞬間というのは、

きっと色々な想いがつまっているんでしょうね。
 

そして、

この妄想する期間というのは、なかなか幸せな時期でも

あるんですね。

私は、もう少しギリギリまで妄想を続けて、考えたいな

と思っています。