Masao's Blog ~ BIZARRE ADVENTURE ~

レイディーバグという会社を経営している平世将夫の「奇妙な冒険」Blog

パパママ講座

連休中、区が開催する新米パパ・ママになるひとのための講座

というものに参加してきました。

ほぼ似たような時期の人たちが40人〜50人くらいいて、

水天宮に行ったときにも感じましたが、本当に少子化なのか?

というくらいの妊婦が集まっていました。

そして、男性陣は、皆どこか大人しい(笑)

 

やったことは、

妊婦体験(おもりのついたものを背負うやつ)

沐浴体験

おむつ換え体験

他の方々とのコミュニケーション

出産時についての講義

 

地元助産師さんの指示のもと、基本的に男性陣がすべて

実習を行い、女性陣は見守るというものでした。

 

おもりのついたものを背負うやつなど、

「おー、これが噂の・・・」

とやる前からちょっと楽しみでいの一番に試してみました。

これがなかなかの重さで、妊婦って本当に大変だな。。。と

「あたりまえだろ!」と突っ込まれる感想しか言えませんでした。

 

実習関連は、(自分は)比較的スムーズにできたと思うのですが、

何よりもこういうことを夫婦で一緒に体験することに意義がある

んだろうな、と感じます。

特に私もそうですが、恐らく男は父性ってものが芽生えるのは

出産後でしょうから、ぴんと来ないこのような時期にこそ、

妻の状況に寄り添い、理解しようとすることが大切なのかな

とも思うわけです。

 

また、助産師さんの講義がなかなか分かりやすく、リアルで、

ちょっとユーモアがあり、さすがベテランだなぁ〜と感心。

 

参加されている助産師さんたちが比較的ベテランな方々に見え、

頼もしく感じる反面、若い方々はいないのかな?成り手が不足

しているのかな?もし、人材不足であるのであれば、ゆくゆく

安心して子どもを産み、育てていく社会を築いていくためには

大きな不安要素じゃないのかな?など感じました。

 

ベテラン助産師さんが醸し出す、あの何ともいえない「安心感」

は大きな価値だなぁと思います。

 

そんなことを感じながらの2時間はとても貴重な体験でした。

 

最近は日々、お腹が大きくなっていく妻をみながら、

改めて女性はすごいなぁと思う今日この頃です。