Masao's Blog ~ BIZARRE ADVENTURE ~

レイディーバグという会社を経営している平世将夫の「奇妙な冒険」Blog

身体からのフィードバック

土曜日はWebSig会議の「感覚的アプローチからのスマホUIデザイン」。

とてもためになった、得るものの多いイベントでした。

参加してよかった!

 

色々得たもののなかから、1つだけ取り上げたいと思います。

 

テーマのひとつでもある、

「手触り感のあるUI」

を考えられるようになるために「手触りのスタディー」として

「観察と模倣」が大切である、という話がありました。

 

ここに異論がある人はいないと思いますが、面白いなぁ〜と思ったのは、

考える際に、様々な「実際のモノ」に触れながら考えるってこと。

ゴムボールを触ったり、バウンドさせたり、

ゴムをひっぱってみたり、紙コップを繋げて転がしてみたり、

プチプチをつぶしてみたり・・・

 

何が気持ちいいのか?

自然物の中にある気持ちいいものはどんなものか?

 

分かっているようで、実はしっかり観察していないような上記のことは

頭で考えるより、身体で触って、感じることが大切なんだな、

とワークショップで感じました。

 

身体で感じて、それを頭にフィードバックする感じ。

 

これ、最近よく考えることですが、

何かを学習するうえでも、

いまいちモチベーションが上がらないときの自己のコントロールなども、

まずは「身体」を動かすことからスタートすると、うまくいく。

脳みそって身体で感じたことの影響を受けやすいってことかな、

と考えていたので、今回の「手触りのスタディー」は、

なるほど!

ととても納得できました。

 

UIの話と全然関係ないエントリーですが、意外にこういうポイント

がとても大事なんじゃないかな、と思ったイベントでした。