読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masao's Blog ~ BIZARRE ADVENTURE ~

レイディーバグという会社を経営している平世将夫の「奇妙な冒険」Blog

「教わる」から「学ぶ」へ

「教育」「学び」「遊び」・・・について色々と考え、

調べていくなかでこちらも読み返したWIREDにヒントをもらいました。

WIRED VOL.5 GQ JAPAN.2012年10月号増刊

WIRED VOL.5 GQ JAPAN.2012年10月号増刊

 

「教わる」から「学ぶ」へ

というMITメディアラボからの提言はこれからの大切なことが満載!

 

・「教育」Educationと「学び」Learningは違う。

 いま大事なのは「教育」ではなく「学び」である。

 

・子どもたちは何かへの「興味」を「友だち」や「コミュニティー」

 から得る。「興味」をもったところに「行動」が起こる。

 その「行動」のなかから「学び」が起きてくる。

 (※こんなイメージですかね。図を書いてみました。)

       f:id:masao_toybox:20130527021545j:plain

 

・先生は必要なく、仲間とのコラボレーションから新しい考えや

 発想がうまれてくる。

・(MITメディアラボでは)ものづくりを通して、興味をドライヴ

 とした学びが起きる。

・いまは学びつづけなければ死んでしまう。

 これからは誰もが一生学び続けることが必要で、そこでは

 「働き」と「学び」は同列。

 

学ぶべきは、「何を学ぶか」ではなく、「どうやって学ぶか」

 

これは子どもだけでなく、大人にも…いや、大人にこそ、

大事なことですね。

小さい子どもは自然と興味あることに夢中になりながら、

学んでいきます。

しかし、大人になるに従い、「常識」や「世間体」など心理的

抵抗が大きくなり、興味を持ちにくくなったり、興味を持っても

素直に行動に移せなかったり。

 

ここに色々な課題がありそうです。


「コラボレーション」「人とのつながり」「意志」

が私のなかのキーワード。

 

ソーシャルメディアやスマートフォンがあたり前になってきて

いるからこそ、面白い取り組みができると思うのです。

 

「学び」はこれからずっと追いかけていきたいワクワクする

テーマのひとつです。