Masao's Blog ~ BIZARRE ADVENTURE ~

レイディーバグという会社を経営している平世将夫の「奇妙な冒険」Blog

魂は合っているか?

GWはがっつり家の大掃除です。

とにかく、漫画や本が無駄に多い家なのでこれらを徹底的に整理・処分することに決めました。

本棚に収まっているのはほんの一部。昔の漫画や本は山積みにされて放置されていたり、ベッドの下に大量に収納されていたり。。。漫画だけで3000冊以上はあると思われる量です。

 

そんな掃除の最中に、ふと手をとめてパラパラ読んでしまう漫画があります。(掃除中に最もやってはいけない行為!)

 

いや〜、また久々に最初の方から読んじゃいました。

これ。「大東京トイボックス」。略して「トイボ」。

 

大東京トイボックス 3 (バーズコミックス)

大東京トイボックス 3 (バーズコミックス)

ゲーム開発会社スタジオG3で繰り広げられる熱いモノづくり漫画です。

 

熱い名言てんこ盛りなのですが、一番好きなのは、主人公のゲームプランナー天川太陽のセリフ

「魂は合ってる」

f:id:masao_toybox:20130429120717j:plain

この物語の要所要所ででてくるセリフです。

「魂は合っているのか?」

「リアリティとは何ですか?」「”魂”」

抽象的な言葉ですが、モノづくりにおけるキモだと思うんです。

作り手の「魂」が込められたものなのかどうか。

 

そして、好きなことにパワフルに突き進む、新人ゲームプランナー百田モモの熱いセリフも好きです。

f:id:masao_toybox:20130429120740j:plain

 「ウチ、今手持ちの武器がないんです。夢とか希望しかないんですよ」

 

その百田モモが、企画提出を求められ、色々な葛藤の末の行動とセリフが熱くて心を打ちます。

f:id:masao_toybox:20130429120747j:plain

 「夢と希望の次の武器は、努力と!根性かと!!」

 

そして、プログラムチーフの依田さんが昔先生をしていたときの回想シーン。

 モノづくりの厳しくも大切なことを語っています。依田さんカッコイイんです。

f:id:masao_toybox:20130429120805j:plain

「モノをつくるってとこのさ

 そのギリギリのところに、この中の誰一人、いたことないもんな

 どの現場にもそこそこプログラムが組める奴はゴロゴロいる

 だがその先にいけるヤツってのは

 あと一行削ることをけしてあきらめないヤツだ

 コトバにすると陳腐だがな

 魂ってのは案外そういう小さいところに宿るもんなんだよ」

 

 

 経験もスキルもないけど、いつもストレートで、熱く、まわりの先輩たちの心を動かしてしまう新人モモ。いいです!

f:id:masao_toybox:20130429120817j:plain

 「ウチらは別に家族でも友だちでもない

 けど一緒に作ってきた仲間です

 せめて腹くらいわって話さんと

 魂の合うてるもん作れるか!

 

 

モノづくりへのこだわり、その葛藤などが描かれており、ゲームに興味がない人でも間違いなくハマれる漫画です。

 

私たちの会社は「つくること」を通して、社会に価値提供していく会社です。

魂の合っているモノづくり

やってかないとね。

 

「つくる」ってことは、子どもをみれば一目瞭然ですが、とってもワクワクすること楽しいことです。

つくりたいからつくる

やりたいからやる

ワクワクするからつくる

トイボのような、熱く魂のこもった仕事をしていきたいと思います。

そうじゃなきゃ、人生の貴重な時間がもったいない!!!

 

 

 

そろそろ、掃除に戻ります!!!

 

(※ちなみに、私のhatenaIDはトイボの影響で、masao_toybox というIDにしているのです。)