読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masao's Blog ~ BIZARRE ADVENTURE ~

レイディーバグという会社を経営している平世将夫の「奇妙な冒険」Blog

約1年ぶり

約1年ぶりのエントリーです。

 

2013年は1年間、Blogを毎週2〜3つ書くことを課していたため、その1年間が終わったあと、昨年4月以降は1年くらい休もうと思っていました。なんとなく。

 

久々に書きたい欲求も出てきましたし、そろそろ再開しようと思ったわけです。

以前のように、エントリー数を課すこともせず、思うままに書いていこうと思います。

 

 

今年に入り、

workstory(ワークストーリー) -働き方を選ぶ、自在に生きる。-

という「多様な働き方を応援する」サイトを立ち上げました。

「こうありたい」という絵はありますが、現時点ではまだ事業と呼べるものではなく、β版として色々と試しながらコツコツやっていこうと思っています。

時々、このあたりのお話も書くつもりです。

 

 

今日は、久々にダウンも着ずに営業にでかけました。

あたたかい。

4月中旬並みの気温だそうです。

 

だんだん春って感じになってきましたね。

どこかそわそわするような、

いっちょやったるか!みたいなエネルギーがむくむくでてくるような、

なんか新しいことを始めたくなるような、

そんな時期です。

 

ということで、Blog再開を楽しもうと思います。

 

 

失敗を失敗と思わずアクションする

子どもをみていると、思わず感心してしまうことが多いです。

 

最近、うちの子どもがハイハイをはじめました。

まだとっても下手くそなハイハイです。

産まれたての子鹿のようにフラフラとし、時々コテンとひっくり返りながら、何度も何度も起き上がり、前に突き進みます。お気に入りのボールを掴んでは放り投げ、そこに向ってハイハイし、また掴んでは放り投げるの繰り返し。コケても泣かずに、「アウーッ!」と声をあげながら一心不乱に立ち上がって突き進みます。

すると、1日も経つと、手の使い方、足の運び方などちょっとずつコツを掴み上達しているのです。

成長って早いもんだなぁ〜と感心します。

 

コケまくって失敗しても、どんどん挑戦し続けるからこそだな!とか最初は普通に思ったのですが、ポイントは、そもそも赤ん坊にとって「失敗を失敗と思わないこと」(当たり前なんですが)が何よりも強いんじゃないかと思ったのです。

 

自我がでてきたり、大人になればなるほど、「失敗」=「よくないこと」としてどうしても意識してしまいます。

どんどんチャレンジしよう!と頭で理解していても、意識してしまいます。

意識すれば、どうしてもアクションに影響がでます。

ひと目や評判を気にして、アクションの数が減ったり、中途半端なアクションになったり。

 

失敗という概念も、ひと目を気にするという感覚も当然ない赤ん坊はとにかくアクションを起こします。

 

私もスポーツに一心不乱に取り組んでいたときは「失敗」という感覚があまりなかったことを覚えています。

「とにかく上達したい」という気持ちと、自分が理想とするイメージが頭にあり、少しでもそこに近づくため、何度も何度も飽きずに練習していました。

 

社会人になってからの仕事でも同様です。

とにかく試行錯誤しながらアクションし続けているとき、振り返ると最も成長していたのだと感じます。ただ、やっている最中は正直分かりませんでした。

 

これは自分への反省でもあるのですが、

歳をとり、経験を重ねれば重ねるほど、くだらないものに脳みそがしばられて、アクション数が減りがちだと思うのです。「失敗」をどこか意識してしまう事があります。

やってもいないのに、未来を勝手に決めつけてしまったり、

経験則から、頭の中で言い訳をつくってしまったり。

これは本当に反省すべきことです。

ただ、なかなか脳みそから拭いきれないのも事実。。。

 

 

どんどん失敗して、

失敗を失敗と思わないくらい、アクションし続けないと成長も成功もありえない。

そう思います。

 

一心不乱にボールに向って前進し続ける子どもを横でみながら、

おまえはすげーなぁ〜

と感心しつつ、

子どもより全てにおいて勝っているオヤジがもっとやらんでどうするか!!

と自分に喝を入れるのでした。

 

 

 

 

時間の棚卸し

前回のエントリーの最後に書きましたが、自分の時間の使い方、とりわけスマホを使っている時間を棚卸ししてみました。

結論、使い過ぎ・・・。

なので、改善をすることに決めました!

 

ざっと自分の平均的な使いっぷりはこんな感じ。

【朝】起床後 TVをつけて5分〜10分

【通勤】電車内で約15分

【始業前】会社なのでPC 30分〜40分

【午前】アポがある時は移動中 15分〜20分

【昼休み】20分〜30分

【午後】アポがある時は移動中 15分〜20分 ×数件

【夜】会社ならPC、出先ならスマホ 30分〜60分

【帰宅中】電車内で約15分

【自宅寝るまで】15分〜20分

合計すると、だいたい3時間〜4時間半!!!

 

で、何をしているかというと、

①ニュース系アプリで話題の記事などをチェック

Facebookのチェック/時々Twitter

③仕事のメールも!(出先でもスマホでガンガン仕事します)

 

①グノシー、Kamelio、Yahoo!ニュース、NewsPicks…などをざーっとみていく。SmartNewsは読み込むのが遅くて最近みなくなった。グノシーも以前はよかったが最近はビミョーな記事と広告が増えて、優先順位が低くなっている。

②友人たちの投稿をみるというより、話題になっているビジネスネタや記事のチェックのほうがメインだ。「お!」と思える面白い話はTwitterのほうが多かったりする。

 

・・・

ってこんだけ時間を使って、

どれだけの価値を生み出しているのか??

その「時間の投資」に見合うものを創造しているのか??

 

1日4時間として、週5営業日で20時間。

1ヵ月(20営業日)で80時間。

80時間あれば、本を読み、思索し、よりよいアプトプットや価値創造に繋げることができる。

 

ネットは楽しいし、刺激的な情報や考えさせてくれる話題・記事に出会うことも多い。ゼロにすることは全く考えられないし、やるつもりもない。

ただし、上手に使わないと本当に時間の浪費に繋がってしまう。楽しいだけに。

 

ということで、年度末の中途半端な時期ではありますが、4月からの新年度をよりよい習慣で迎えられるよう、時間の使い方(とりわけスマホ)を改善することにします。

 

ソーシャルメディアのチェック

・ニュース系アプリなどのチェック

この2つに関わる時間をまずは削減します。

 

朝〜昼60分と夜60分の合計2時間。

そして、これが大事。

移動中はソーシャルメディアもニュース系アプリもチェックしない。

まずは、移動時間や微妙なスキマ時間を削ることからはじめます。

 

 

話題の記事をいち早く読んだり、ソーシャルメディアをチェックするだけでは何も生まれない。

じっくりと思索する時間、アプトプットする時間を増やします。

そう、Blogもアウトプットだ。

まだまだアウトプットが少ないなぁ・・・。

 

改めて実際の行動を棚卸しして、数字に落とし込んでみると本当によくわかりました。

正直、スマホ中毒といえるような状態なので、自分の制御するのは非常に大変そうですが、まずはとにかくはじめてみたいと思います!

時間の使い方もダイエットを!

 

 

自分をパワースポット化

前回の「運がいい」とは少し異なりますが、少し前にソーシャルメディア上でたまたま目にした記事がありました。

 

美輪明宏が見た「運のいい男の法則」

 

何となくみた記事をみて、そうだなぁ〜と思い、ブックマークしておきました。

 

わざわざ遠くのパワースポットを訪れることもあるようです。まあ、それも悪くないかもしれませんが、もっと確実で身近なパワースポットに気付くべきです。自分自身の微笑みが、それです。ぱあーっと場を明るくする笑顔を持つ人は、皆に「待たれる人」になります。

(中略)

駆け引きに勝つか負けるか。就活に成功するか失敗するか。微笑みがその人の「人生の時間」を左右するのです。時間をいいものにするか悪いものにするかは、その人次第、微笑み次第。地獄極楽は胸三寸にあり、なのです。

ニコニコすることは、いわば運を引き寄せる行為。自分をパワースポット化する行為といってもいいです。

 

パワースポットめぐりのようなものは結構流行っていますね。

所謂神社仏閣をめぐるものから、自然のパワースポットをめぐることまで。経営者という人種には意外と好きな人が多いと思います。

私も嫌いではありませんが、いつも行くほどではない。心を整える意味で、先祖のお墓参りに行ったり、近くの神社にお参りしたりするくらいです。

 

「微笑みが自分をパワースポット化する」

というのは、当たり前のようですが、日々様々なことに忙殺されているとちょっと忘れていたりします。

誰にでも、いつからでも、簡単にできることですが、日々これを意識的に行っていくだけで、ずいぶん心持ちも変わるものだなぁと最近感じました。

 

シンプルなことですが、ちょっと試してみることオススメです。

意外に忘れているんですよね。

 

記事の最後の方に美輪明宏さんが時間の使い方について書いています。

痛いところです。

先日自分の「時間の使い方」、とりわけスマホを使っている時間について棚卸ししてみました。次回は、その結果とそれを踏まえてどうするかについて書いてみたいと思います。

 

注意しないと、思索を止めた人糞製造機になりますね。。